大峰奥駈道 縦走

2年の清野です。

文化の日の3連休で、奈良県吉野の大峰山脈を縦走してきました。

 

DSCF3865

吉野駅から始まります。寺社の間を歩いていきます。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

1日目は天気が良く気持ちがよかったです。

ザックに腰掛けて、気持ちよさそうですね。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

2日目は雲の中を歩きました。昼間でも明るくならなくて、寒く不気味でした。

山上ヶ岳の頂上にあるお花畑も、シーズンが外れていることもあり、殺風景でした。

 

DSCF3948

途中、所々に倒木がありました。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

1日目は途中のコルでテントを張って泊まったのですが、2日目は行者還避難小屋で泊まりました。中は広く快適でした。

 

DSCF3974

木に穴が開いていました。ザックが挟まって出れないようです(笑)

 

DSCF4007

3日目は晴れました。が、標高が高くなり、風も強かったので、とても寒かったです。

木には氷が付いていました。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

八経ヶ岳の頂上に着きました。山頂からの景色は素晴らしかったです。

 

今回は奥駈道の北部、半分のみ行ってきました。残り半分もいつの日か行ってみたいです。

広告

2017_09 表銀座から槍ヶ岳・大キレットへ縦走

神戸大学山岳部2年の清野です。

9月26日から29日にかけて縦走合宿を行いました。

写真を中心に紹介します

 

DSCF3692

中房温泉の登山口です。平日なのにたくさんの方がいらっしゃいました。さすが表銀座、北アルプス随一の人気コースです。

 

DSCF3696

登山開始。まず登る合戦尾根は、3大急登にも数えられるほどの急坂です。写真のようなベンチが4つあるので、休み休み進みます。

 

DSCF3701

合戦小屋です。1切れ800円のスイカを買って食べました。汗をかいて疲れた後のスイカは美味でした。

 

DSCF3705

合戦尾根を登り切り、燕山荘に着きました。左側の尖った山が槍ヶ岳です。明日にはあの山のふもとまで行きます。

 

DSCF3707

燕山荘と燕岳の間にあるイルカ岩です。燕岳までの道には、このような面白い岩がいくつかあります。

 

DSCF3716

燕山荘を後にして、今日のテント場である、大天荘を目指します。このよう穏やかな稜線歩きが続きます。写真で一番高い山が大天井岳で、大天荘はその山頂から10分くらいの所にあります。

 

DSCF3722

大天荘のテント場です。穂高連峰が見えています。風が通り抜ける、気持ちいいテント場でした。

 

DSCF3733

次の日は、朝4時から行動開始です。写真は、びっくり平でびっくりする2人の様子です(笑)。まだ暗いので、ヘッドライトを点けて歩きました。

 

DSCF3736

明るくなってきて、今日の目的地である槍ヶ岳が見えました。まだまだ遠くに感じます…

 

DSCF3742

途中のヒュッテ西岳で撮った写真です。一度水俣乗越まで250m程下り、500m程登り返します。「橋が架かっていれば楽なのに…」とか文句を言いながら下っていきます。

 

DSCF3749

水俣乗越までの道です。危険そうに見えますが、道は狭く感じませんでした。

 

DSCF3762

ヒュッテ大槍から見た槍ヶ岳です。岩稜の険しい道であることが伝わってきます。左下の赤い建物は殺生ヒュッテです。

 

DSCF3768

槍ヶ岳山荘に着きました~ 約5時間半かかりました。これからテントを張って、荷物を置いて槍ヶ岳に向かいます。

 

DSCF3770

槍ヶ岳への道は整備されているが、ハシゴやクサリばかりで気が抜けません。それでいて人気の山なので、登る人はたくさんいます。

 

DSCF3775

槍ヶ岳山頂です。東西南北、全方位が見渡せました。素晴らしい景色です。ただ風が強くて長居はできそうにありません(笑)

 

DSCF3791

最終日は2時半起床の、3時半出発でした。暗い間の写真はありません。この写真は南岳小屋です。ハイドレーションシステムのチューブが凍って少大変でした。

 

DSCF3793

南岳小屋から大キレットに向かって下ります。岩が安定していないので、常に危険と隣り合わせでした。

 

DSCF3797

長谷川ピークを越えた所です。白丸印の所を歩いていきます。風も強くてとても怖かったです。

 

DSCF3801

飛騨泣きと呼ばれる箇所を登っていくと展望台がありました。皆さんもぜひここからの景色を見に行ってください。

 

DSCF3811

北穂高岳からの下りです。北穂高岳に着いた途端に雲が広がりました。大キレット通過時に天気が悪くならなかってよかったです。

 

DSCF3818

涸沢まで下りてきました。ここまでくると帰ってこれた感じがします。この日は金曜日でしたが、多くのテントが張ってあります。翌日にはさらに多くのテントが張ってあったらしいです。

 

DSCF3834

横尾から先の道です。気持ちの良いハイキングコースです。

 

DSCF3849

上高地に着きました。ここからバスに乗って松本へ、そこから電車で神戸に戻ってまいりました。

行動日は毎日晴れて気持ちがよかったです。けがもなく帰ってこれたことが幸いです。来年の夏には北鎌尾根から槍ヶ岳を目指そうと計画中です。その時の参考にしようと思います。

ご覧いただきありがとうございました。

 

 

2017-07 白嶺三山縦走

久々の投稿となりますことお許しくださいm(__)m

7/15~7/17の日程で北岳、間ノ岳、農鳥岳を中心とする南アルプスにて合宿を行いました。

新人を交えての初めての合宿でしたが好天に恵まれ非常に良い山行となりました。富士山はもちろんのことながら、多くの山の景色を一望することができました。また、ハクサンイチゲなど数多くの高山植物も見ることができました。

山行記録

1st day 広河原(6:35)-北岳山荘(12:20)

2nd day 北岳山荘(4:30)-間ノ岳(4:50)-農鳥岳(8:00)-北岳山荘(11:50)(往復)

3rd day 北岳山荘(3:50)-北岳(4:55)-広河原(8:40)

新歓クライミング案内

こんにちは!

新入生の皆さん、大学の授業はいかがでしょうか?

今週末、16日にはいよいよ新歓クライミングを六甲山の岩場にて行います!

山岳部の活動を手軽に経験していただくいい機会ですので興味のある方は是非ご参加ください。

定員まで若干の余裕はありますので、金曜日の正午までに連絡していただければまだまだ参加可能です。

下記連絡先までお気軽にお願いします!!

LINE ID:yushin0716

メールアドレス:kobe.sangaku2017@gmail.com

問い合わせフォーム

2017年新歓情報

神戸大学に合格された方、合格おめでとうございます。

こちらが今年度の新歓のビラとなっております‼

山岳部に興味のある方はぜひ新歓情報をチェックして下さい。連絡お待ちしております!!

acku2017

 

2016年新歓情報

昨日、後期試験の合格発表があり今年度の新入生が全員決まりました。

神戸大学に合格された方々、おめでとうございます!

 

さて、神戸大学山岳部は2016年度の新入部員を募集します。

4月1日、2日には新歓祭が国際文化学部グラウンドで行われ、山岳部も106番ブースにいますので是非お越しください!

今年度の新歓ビラは、14日に行われた前記試験合格者の入学手続きで第一弾の配布をさせていただきました。皆さんお取りになられたでしょうか?

大学生協が発行している新歓情報誌、体育会が発行している情報冊子にも山岳部の新歓情報を掲載していますのでぜひご覧ください。

なお、新歓情報は随時このブログで更新していきますのでこまめにチェックを!!

0001.jpg

 

 

京学登 講習会

11月1日、京学登に参加している山岳部、探検部で合同の講習会が開催されました。

参加団体は同志社大学山岳部、立命館大学山岳部、神戸大学探検部、我々の4団体16名でした。

ファーストエイド、セルフレスキュー、Fixロープ工作などを重点的に指導していただきました。

足首を三角巾とテーピングそれぞれで固定する。 マニュアルを携帯しておくのが現実的でおすすめだそうだ。

足首を三角巾とテーピングそれぞれで固定する。
マニュアルを携帯しておくのが現実的でおすすめだそうだ。

三対一で張り具合を調整したあとムンターミュールで固定。

三対一で張り具合を調整したあとムンターミュールで固定。

指導を行って下さった島田ガイドは最後に、技術自体はそれほど難しくないがそれらをいかにして運用するかが難しいとおっしゃっていました。

技術の習得はもちろんですが、他大学の団体とも交流でき大変有益な講習会となりました。

最後になりましたが、今回の講習会を主催して頂いた同志社大学山岳部宇野さん、指導をして下さった島田和昭ガイド、お二方ともどうもありがとうございました。