2016_09 後立山縦走

今年の夏休みの最後は9/25~28の4日間で後立山縦走に行ってきました。

実は今回が今年の新入生が全員参加する初めての山行となりました。この機会に久しぶりにブログを更新します!(ただのサボり言い訳‥)

9/25  栂池高原〜白馬三山〜天狗山荘

この日は天気も良く、白馬三山を縦走し天狗山荘で幕営。

しかしこの三山縦走、意外としんどかった。少し甘く見ていました。

栂池ロープウェイでいっきに高度を稼ぐ

栂池ロープウェイでいっきに高度を稼ぐ

 

 

 

 

 

 

 

きれいな稜線、紅葉もぼちぼちといったところ

きれいな稜線、紅葉もぼちぼちといったところ

9/26  天狗山荘〜唐松岳〜五竜頂上山荘

この日は今回の縦走で通過する1つ目のキレット、不帰キレットがありました。

危険を感じるほどではないけれど、皆十分に注意して通過しました。

まずは天狗の大下り、300m下ります

まずは天狗の大下り、300m下ります

キレットにて、何とも言えない表情?笑

キレットにて、何とも言えない表情?笑

棒立ちはやめてください

棒立ちはやめてください

唐松岳を過ぎたあたりから雨が本降りに、この時期の雨は寒いですね。

この日は五竜山荘で幕営しました。

9/27  五竜山荘〜五竜岳〜鹿島槍ヶ岳南峰〜種池山荘

この日は一番楽しみにしていた鹿島槍を目指しました。

行程的には一番ハードだったものの、景色は最&高でした。

パノラマ写真はクリックすると拡大します、是非ご覧ください!

日の出に間に合うように早めに登ります

日の出に間に合うように早めに登ります

五竜岳より日の出

五竜岳より日の出、美しい

五竜の後はいよいよ鹿島槍

五竜の後はいよいよ鹿島槍

八峰キレット核心部、なかなかにスリリング

八峰キレット核心部、なかなかにスリリング

img_20160927_100437

ええ写真撮れてまっせ〜

鹿島槍ヶ岳南峰より、雑誌で見る景色のようです

鹿島槍ヶ岳南峰より、雑誌で見る景色のようです

9/28  種池山荘〜扇沢

この日は悪天候により下山。

大町温泉郷で汗を流した後、神戸に帰りました。

 

今回の縦走は、一番楽しみにしてた五竜〜鹿島槍間が最高の天気でした。

そして頂上からのパノラマ写真がまたよく撮れていました。

Nexus 5Xのパノラマ機能、優&秀。

新入生にとっても学ぶことの多い縦走になったと思います。

 

藤川(2)

立山雪上訓練

11月22~24日で立山に雪上訓練に行ってきました。
海外遠征に向け、現役とOBの雪上技術を擦り合わせるため今回はOBさんと合同でした。

22日 入山 雪上訓練
今年は去年に比べて雪が少なく、雪崩の心配はなさそうでした。

RIMG0419

遠征で使用する氷河歩行上のコンテ技術を確認する。2人パーティで引き上げシステムを構築するのはなかなか厳しい。やはり3人一組が妥当か。

RIMG0430
ここでOBの山田さんから実際の氷河ではヒドゥンクレバスが危険なのであり、現状のコンテ方法だとピッケルでセルフアレストしたときに下が氷でないと確保しきれないのではとの質問が入る。ヒマラヤンコンテ2など一回制動を別の場所にかける方が適しているのかもしれない。

この夜長野で地震が起きましたが、皆爆睡して5人中1人しか気づきませんでした。皆疲れすぎです。

23日 雪上訓練
遅れて一回生が入山。
雷鳥荘前で雪庇の乗り越しを練習する。
その後は、スタンディングアックスビレイなどの雪上での確保方法を練習、またアバランチレスキューの練習もしましたが、積雪が十分でなくあまり十分な練習ができたとは言い難かったです。

24日 雄山登山
早々に撤収して雄山に登る。トレースは使いません。
RIMG0437

遠征に向けて着々と準備が進んでいます。年末にも現役、OB合同での合宿を行います。

2014年8月 剣岳夏合宿

いつの間にか、秋です。

夏合宿の記事を書くことを先延ばしにするうち、肌寒くなってきました。

サンタが来る前に書くことにします。

日程:8月20~28日
場所:剣岳
人員:松村(3), 山本(3), 井部(2), 松浦(2), 唐木(1), 先田(1), 居谷(OB)

 

8月20日 入山

しばらくは下界と隔絶され、自分と仲間と岩と雪だけの世界。

IMGP0678

雷鳥坂より室堂を見る。

IMGP0668

読図訓練をする所です。

今年は荷が重い。食料の軽量化をケチったせいか。

一休み。

剱沢でバイト中の部員から、差し入れを受けました。

カルピスが疲労回復に効きますね。

剱沢までは程よく曇って歩きやすかったのですが、雪渓上で雨に打たれ、泣きそうになりながら真砂沢で幕営。非常に疲れました。

 

8月21日 八ツ峰VI峰Cフェース

IMGP0716

夜が明けます。天気は微妙ですか。

剣稜会とRCCルートでパーティを分けました。
共に入門ルートではありますが、雨が降る前に帰りたかったのでさっさと登ります。

2年ぶ2度目。

剣稜会のナイフリッジ。2年ぶり2度目。

IMGP0729

Cの頭からAの頭を臨む。

懸垂下降順番待ち。

懸垂下降順番待ち。

バリエーション1本目を登り、明日からのリズムがつかめてきましたよ。

 

8月22日 八ツ峰VI峰A・Bフェース

この日は、Bフェース京大ルートと、Aフェース魚津高ルートでパーティを分けます。

源次郎が日光浴。

Bフェースまではガレガレ。

京大ルート取り付きへ。

京大ルート取り付きへ。

京大ルートですが、取り付き前にⅢ級の岩場が出てきました。ルート図的に、ここは雪渓が繋がっているはず。溶けたのでしょう。

落石もめちゃくちゃ発生して、嫌な予感しかしませんでしたが、とりあえず取り付きにたどり着きました。

京大ルート1P目。

京大ルート1P目。

1P目はⅡ級のはずですが、違和感。Ⅳ-級くらいに感じました。

苔がホールドを覆っていてたので難しく感じたのでしょう。20m登っても様子は変わらず、ルート全体が腐っている印象を受けました。

フォローはクライミングが得意ではない後輩。素直に撤退しました。

長次郎雪渓を下る。

長次郎雪渓を下る。

この日は絶好のクライミング日和だったので、撤退したのは勿体無かった…
Bフェースが不人気ルートなのは知っていましたが、ここまで人が登っていないとは誤算。違うルートなら気持よく登れたのに!

11時頃に帰幕したので、剣稜会組を待ちながら装備を乾かし身を清めました。疲れが溜まってくるころです。

 

8月23日 沈殿

気象通報より、午前中に天気が崩れると予想し、沈。

あれっ

えっ。

まさかの晴れ。

これは…いわゆる晴れ沈では。夏合宿で一番楽しい時間では。
となるとやることは1つしかありません。真砂沢の雪解け水で体を根こそぎ清め、男同士で水をかけあい、思い切り昼寝をして。

夕食の準備をしているころに、途中参加の現役1人とOB1人が合流。翌日から新たに頑張ります。

 

8月24日 クレバスレスキュー訓練

神戸大学山岳部では、来年にチベット未踏峰を登る計画をしています。

そのための技術として、クレバス救助ならびに氷河歩行の練習をしました。

IMGP0808

グラサン。

IMGP0820

落下2秒前。

IMGP0822

仲間の落下に耐える。体勢がちょっと悪い。

IMGP0829

クレバスに落ちる役。雪をかけていじめるリアリティを出す。

実地でやって見て改善点がたくさんありましたので、遠征に活かします。

落ち役の人お疲れ。寒かったね。

 

8月25日 平蔵谷ー剣岳

起床直後は天気が悪かったのですが、8時頃から天気がマシになったため、平蔵谷経由で剱岳頂上へ行くことにしました。

平蔵谷

平蔵谷。天気悪い。

平蔵谷上部はガレガレ、ザレザレ。

平蔵谷上部はガレガレ、ザレザレ。

カニのタテバイの下に出て、そのまま頂上へ。

頂上の祠。修理が終わったのね。

頂上の祠。修理が終わったのね。

爽快感の無い頂上で、電波を拾い、天気図や下界のニュースなどを仕入れました。

 

8月26日 沈殿

雨だったので沈殿。テントから出られず両隣がオッサンだったので体力は回復した気になりません。

とりあえず、行動記録をまとめたり、テント内を整理しても時間が余り、それほど眠くもない。

柿ピーのおかきとピーナッツを分けた後、おかきとピーナッツを交互に食べたり、ピーナッツを油で炒めてみたり、余ったもちとベーコンを焼いたり(砂糖醤油で食べると美味しかった)したりするほど暇でした。

IMGP0877

おっさん(21)

IMGP0876

おっさん(30)

これくらいしか記憶に残っていないので、よほど暇だったのでしょう。

 

8月27日 源次郎尾根/源次郎Ⅰ峰平蔵谷側フェース成城大ルート

3回生2人で成城大ルートへ、残りは源次郎尾根をそのまま行きます。

IMGP0892

序盤は木登りですね。

IMGP0905

高度感が出てきましたよ。

IMGP0906

野苺?食べませんよ。

ルンゼが詰まってくる所で、成城大組は取り付きへの踏跡をたどります。

IMGP0910

分岐。

IMGP0916

なんか…踏跡が不明瞭に。

踏跡を辿ろうにも、マツの木が邪魔でなかなか進めません。
最後にはマツの木の中を泳ぐような勢いで、必死にマツの密集帯から抜け出しました。

すると、やっと目的の場所が見えます。

IMGP0919

ルンゼ途中までつめ、トラバースすると取り付き。

IMGP0921

取り付き。濡れてる。

岩が濡れていることに不安を覚えます。

天気は良くはありませんし、さくっと登りましょう。

2P目。

2P目。凹角をつめると難しい。

IMGP0932

3P目。高度感がでてきます。

4P目。核心部。

4P目。核心部。

4P目の核心部は、エイドしてよかったのですが、フリーにこだわっていたので時間がかかりました。

私はフォローだったので気楽なものでした。

その後何度もピッチを重ね、途中から雨に打たれながらも、なんとか源次郎Ⅰ峰に出ました。

そこから源次郎尾根を継続、帰幕したのは18時。今回一番ヘヴィーな行程でした。

 

8月28日 沈殿/剣稜会ルート

成城大組は、前日の疲れで沈殿。
後輩3人は、剣稜会ルートを登るそうです。元気ですね。

IMGP0977

ロープ乾燥中。

沈殿組は例のように装備を乾かしますが、明日下山なので意味あるのかと思いつつ。

 

8月29日 下山

IMGP0990

最終日も曇りでした。

IMGP0994

帰ってきました。

今年は、去年よりはバリエーションを登ることができましたし、中身も濃かったですね。

来年は今年の経験を活かしてもっともっと充実した計画を建てられるのではないかなと思います。

とりあえず、遅いですが、皆お疲れさま!

以上、今年の夏合宿でした。

 

さて、本日、神戸大学創立100周年記念事業としてのチベット遠征、その偵察隊が関西国際空港からラサへと旅立ちます。

偵察活動の成功は勿論ですが、何よりも隊員の無事を祈ります。

安全第一で気をつけて下さい。

 

山本(3)

富士山高所トレーニング 2014年9月

神戸大学遠征隊は、今年チベットで未踏峰の偵察を行います。高度順応のため9月末に富士山に登りました。富士山登山前日、富士宮口駐車場でフランス人Eさんに会いました。ヒッチハイクで日本全国をまわっているようです。鼻笛などのさまざまな楽器を披露してもらい、一緒にゆうげを楽しみました。
頂上ではお鉢巡りをし、富士山が平原に映す影に感動しました。

偵察では富士山からさらに2000mほど高所まで登ります。今回のトレーニングの成果を発揮し、体を順応させられればと思っています。

大月市から見た富士山 2010年10月撮影 富士山は登るより眺める方が良い

大月市から見た富士山
2010年10月撮影
富士山は登るより眺める方が良い!

唐木(医1)

甲南バットレス

ブログ更新をサボりまくりの松村(3)です。
夏合宿やらなんやらの更新もしないといけないのですが、とりあえず今日登ったところの更新を。

来月10/10出発のTarlha Ri Expedition 偵察隊の準備に忙しく、9月は全然山に登れてなくてうずうず。
錫杖とか、北方稜線を宇奈月から攻めたりだとか、やりたいことはいっぱいあるけれど、じっくり準備。
その息抜き程度にクライミングにお出かけ。

前から気になっていた甲南バットレスに山本と登りに行ってきました。
いつもの保塁岩は、休日で混んでるだろうし、表六甲ドライブウェイが7月末の台風11号で通行止めらしく、原チャでは海側からさくっと行けない。だから、山頂付近の隠れた岩場にも行けない。

じゃあ、近い甲南バットレスに行こう!という流れに。

アプローチは阪急岡本駅から徒歩で20〜30分ほど(?)登った八幡谷入口からすぐ。
さすが神戸と言わんばかりの急坂も原チャでスイスイ。原チャはこの入口付近に停められる。車はダメ。

八幡谷入口

下調べしたサイトには、
八幡谷に入って暫く進むと左手斜面に木に付けられたガイドが現れる。
だとか
阪急岡本駅から八幡谷のハイキングコースをしばらく登ると右側に神社のような建物が有り、上に滝が見える。もう少し登ると道が右に曲がり頭上に「甲南バットレス」の表示が有る。
とある。
ふむふむ、看板があるんだな。それを目指そう!とテクテク上がるが、一向に看板は見えない。
ついには堰堤を越えたりと、あきらかに「八幡谷入ってすぐ」ではない。
森林管理道を藪漕ぎして行くも,見つからず。

八幡谷を彷徨う。ちなみにlogを取り始めたのは怪しいと感じてから。もっと行ったり来たりしている…

八幡谷を彷徨う。ちなみにlogを取り始めたのは怪しいと感じてから。もっと行ったり来たりしている…

困った時はGoogleさんに聞こう、とググると、「石の階段が、階段を上り切った少し先、左手斜面に塩ビパイプが転がっているのが見える。 判り難いかも知れないが、この斜面が岡本バットレスの入り口だ。」というHPの記述を見つけ、やっとこさ取り付きを見つける。

甲南バットレスまでのアプローチをまとめると、こうだ。

アプローチ - 右手に荒廃した神社見て、石段を上がる

アプローチ – 右手に荒廃した神社見て、石段を上がる

アプローチ – 石段を大きく右に曲がって登り切ると…

アプローチ - 左手に平積みされた木がある。これを越えたところの斜面が取付き

アプローチ – 左手に平積みされた木がある。ここを越えてすぐ左の斜面が取付き(看板はないよー)

アプローチ - 塩ビパイプがある斜面を上がる

アプローチ – 塩ビパイプがある斜面を上がる

斜面は明確なトレースがあるわけでなく,無理やり登る。
途中にはfixロープが張ってあったりする。
10分ほど登ると岩場に到着。

ルートは『関西の岩場』によると,4本。
今回は「左ルート(5.7)」と「中央ハングルート(5.8)」をふたりともリードで登り,「右ハングバリエーション(5.10b)」は敗退。
クラシックすぎる六甲の岩場はやっぱり辛(から)い!
修行が足りぬな。

あまりに人が登っていないのか,上のスラブは苔が生え生え。
スラブも掃除しながらのクライミングでした。

中央ハングルート 5.8 を登る山本

写真 2014-09-23 12 24 37

上のスラブは簡単だけれど,上部は15mほどのランナウト

いったん場所が分かれば,街からすぐの岩場でアプローチ最高。
核心の下部ハングは影になっていて,かなり快適。
蚊取り線香は必須!

チンネ左稜線

松村(3)です。
8/12~14にチンネ左稜線を登りに,坂本OBと富山大医学部山岳部の中野さんと行ってきました。

台風11号は通過したものの,いまだ影響をもたらし,あまり天気は良くない…

台風一過の晴天とはならず,だだ曇りの室堂

8/11 台風一過の晴天とはならず,だだ曇りの室堂

ターミナルでは京都大山岳部・京都府立大山岳部に遭遇。登攀合宿を終え,京大は縦走合宿へ,京府大は天気も悪いし,下級生の調子が良くないそうで帰京するよう。

3

京都府立大の西上(3)。彼とは去年の文登研春山研修で同じ班だった。

山ガール弁当!? 中身は山ガールみたいな華やかさが有るわけではない(笑)

最初のうちは雨が降っていたものの,次第に雨はあがり,暑くないアプローチでした。
雷鳥沢の登りは晴れてないほうが断然楽かも。

剣沢小屋ではいつも梅田IBSでお世話になっている奥田仁一ガイドにお会いしました。お盆だから,ガイドさんたちも大忙し?

6

やっぱりかっこいい@剣沢小屋

さくさくっと長次郎谷をさくっと上がり,テント設営。
この3日間,立山は秋で,めちゃめちゃさぶかったです。
寒さで初日にいきなり風邪をひき,翌日は熱と垂れに垂れる鼻水と闘いながらのクライミング。挙句の果てには,下山してから1日滲出性中耳炎?になって左耳が聞こえないまでに。
散々でした…。

7

長次郎谷を上がる坂本OB

8

いつも気になるあのライン…

9

長次郎谷を上がる中野さん

10

てへっ

11

熊の岩をバックに

13

鹿児島大探検部の学生さん。源次郎越しの日の入りは綺麗だから撮りたくなるよね。

8/13はここ数日で珍しくいい天気。
起きて直ぐ外の天気を見た時の満点の星空は綺麗でした。
長次郎谷を詰めて,池ノ谷乗越から池ノ谷ガリーを下り,三ノ窓へ。

14

長次郎谷を詰める

15

悪名高い池ノ谷ガリー。ただ,滝谷のアプローチよりは全然マシ。

16

三ノ窓で朝日を迎える

IMG_5382

かっこよく撮ってもらったー

 

3番着。
3人でのクライミングだったので,最初は中野さんリード,そして坂本OBリード。核心から最後まではリードさせてもらいました。高度感と緊張感を楽しめました。
早くとりつかないと,混んでいるときは大変。
スピードアップがこれからの課題です。
来週からの夏合宿でもう一回リベンジするべし。

試験明け初めてのハードな山で,体がバキバキになりました。
しんどいけれど,やっぱり山は最高!

17

18

リードする中野さん

19

核心

20

花谷泰広さん来神

Piolets d’Or(ピオレドール)を2013年受賞(2012 Kyashar)された花谷泰広さんがGORE-TEX CafeとPatagoniaのスピーカーシリーズのために来神されました。

Piolets d’Or公式Video,かっこいいのでぜひ!

Kyashar – Piolets d’Or 2013 on Vimeo.

TNFサイトでの馬目弘仁さんの記録もぜひ!
http://www.goldwin.co.jp/tnf/special/kyashar/

8000m峰14座登頂の竹内洋岳さんプロデュースraacosta.comの映像制作にも関わっておられます。ちょうど私が2013年の9月に滝谷を登る直前まで撮影をされていた映像です。30分程度のみごたえある映像です。

花谷さんは高校まで神戸在住で,大学の目と鼻の先の鶴甲出身!がっつりの関西弁でした(笑)昔話が身近すぎてすごいおもしろい!
(ただ,関西でのスピーカーシリーズで笑いを取るのは難しいらしい…)

4/10はGORE-TEX Cafeでお話を聞き,

0
4/11はPatagonia 神戸ストアでお話を聞き,
4/12は山本と大学OBの方々といっしょに保塁岩で一緒に登りました。

1

西稜クラック 花谷さん

2

西稜クラック 山本

3

しっかりオブザベーション

4

フォローで登る松村

5

一緒に写真をパチリ。山本は授業のためにダッシュで大学へ行ったのでイナイ…

6

いろいろお話もでき,楽しかったです!鍛錬あるのみ!

松村(3)