『世界の山岳大百科』

山と渓谷社から5月に出版された『世界の山岳大百科』。
お値段、税込10,290円。
前から気になって、いろいろ周ってみても見かけたのは梅田のでっかい本屋やら第4ビルのロッジでだけ。でもラッピングしてあるために中身は伺えず…

欲しくても学生には高い…

そこで、大学図書館の購入希望図書リクエストを出してみたところ、すんなり通っちゃいました。
謝謝!

まだパラパラっとしか呼んでないですが、中身は面白いですね。
日本の山岳史についても記述があります。
GIRIGIRI-BOYSも最後の最後で出て来ました。

夏休みのいい課題図書です。

世界の山岳大百科

世界の山岳大百科

まつむら(B2)

京都学生登山交流会(京学登) 親睦会

京都学生登山交流会(京学登) 主催の親睦会が京都府立大学で昨日(10/18(木))に開催されました。

わちゃわちゃおしゃべり

神戸大学山岳部からは松尾(B2)、松村(B1)、山内(B1)が参加しました。

関西圏の大学;京都大・京都府大・京都府立大・京都府立医大・関西大学・関西学院大学・同志社大・立命大・龍谷大・奈良大・京都女子大・神戸大と、東海学生山岳連盟から、岐阜大と名古屋市立大のお二人が参加されました。

自己紹介タイム《同志社大》

他大の活動に感化・刺激されたいいひとときでした。

来月は京学登主催の救助講習会もありますので、他大学との交流をどんどん深めていきたいです(^_^)

救助講習会について案内する松尾(B2)

まつむら(B1)

地球から来たクライマー

※デジカメを買ったので無駄に写真が多いです。
※後半、頭がおかしくなっています。(疲労からでしょう)

10/14(日)、保塁岩にて、山内と山本でクラックに特化した練習を行いました。

朝、あぶらこぶしを登る予定だったが、7時半の集合時間に間に合いそうにもなくケーブルカーを利用する。

高い… 持ってて良かったmont-bellカード

時間があったので写真を無駄に撮る。

涼しい。練習がはかどると思った。

そんなこんなでケーブルカーに乗り込む。マウンテンバイクを持ってきいる人がいた。あれで山を一気に下ったら気持ちいいだろうなあと想像する。

乗っている間、汗が引いてきて少し寒く、すっかり秋だなあとしみじみ。
ハーフパンツでは肌寒い。でもまだ頑張る。

揺れる揺れる。10分で到着!

山上駅にはこのポスター。

毎週金曜日夜11時~11時半にサンテレビで放送中。お世話になっているガイドさんが出演している …今週は忘れずに見よう。

集合まで時間があるので神戸の街を撮る。

良い天気。ケーブルカーでの出費は忘れよう。

程なく集合場所へ・・・ッ!!この車はッ!!

なつかしの。

新歓の六甲山縦走の時に買った店だ。高いがめちゃくちゃ疲れていたので二つとも買って、卑怯なことをするとか言いつつバクついた。コショウが効いててうまかった。

合流。行くぞー!

まず、中央稜下部南面にある 右クラックルート(Ⅳ)で軽く練習。

だが、クラックが少しだけ広く、フィストジャムの練習になったのであった。

右下に良い感じのサイズのクラックを発見…やるしかないでしょう。

満面の笑みの下には・・・

五分はぶら下がれるな!!

はい次。西稜へ。西稜クラック(Ⅴ)を登ります。

以前登ったお気に入りクラックだ。

ここではハンドジャムがかなり有効なので良い練習になった。

二人ともTRで何回か練習し、一旦休憩。
もう一本登って終わりにすることに。

僕が、今日の成果として 5.9のクラックを登らないかと提案したところ、
山内は何か乗り気ではない。まあそうだよね、西稜クラックで俺の2倍練習したもの…

と、言うことで、僕が先にナンバブラザーズ(5.9+)を登ることに。

取り付きまで意外に危ない。もたつきながらクラックに触れると…ッ!!被ッてる!(若干)これこんな予定じゃない。そこで左のルート、サラマン(5.9+)に急きょ変更した。

サラマンの方が明らかに簡単だ。グレードが間違っているのだろうか…なんにせよこれで登れそうだ。

それにしても(若干)被っているので過去最高の恐怖を感じた。

ハアハア言いながらなんとか被りを登りきり、レストポイントへ。

「後はガバばかりだし、ジャミングも決めれるし、オンサイトは頂いたぜグヘヘ」と思いながらレストしていると…おかしい、回復しない。レストすればするほど微妙に疲れが溜まっていく……

結局それ以上登れず、ギアを残置。懸垂して回収することに。
支点がスラブの下部に設置してあった。なぜこんな所に…死ぬほど怖かった!

しかし、懸垂のセットがあまりにも怖かったので、ギアを回収し忘れ、ふつうに下降してしまった。アホだ。

左がサラマン。右がナンバブラザーズ。

そこにさっきまで大人しかった山内がマイクロトラクションプーリーとやらを使って回収するというのだ。もちろんお願いする。

颯爽と上昇。

回収できたのでさっさと帰ることに。

すると何かがおかしい。来た道を帰っているはずなのに違和感があった。僕だけではなく、山内も同じのようだ。道を進むと、今まで気づかなかった古民家やポール、スロープが存在した。
違う道を降りてきたのかとも思ったが、結局は今朝来た道だったようだ。
しかし、二人とも腑に落ちない。これは白昼夢だとか、平行世界に来てしまったのだとか色々考えるが、証明できないのであきらめる。

確認しますが、松□先輩の好きなプリキュアはキュアサニーですよね!?

 

 

疲労でアホになった保塁トレでした。

やまもと(一年)

つれづれなるままに

先日はNTV系「世界の果てまでイッテQ!」でイモトアヤコがMatterhorn登頂プロジェクトと題して、Matterhornに登ってましたね。3時間スペシャルの他のコーナーを差し置いて、がっつりMatterhorn特集が組まれてたのにはびっくりでした(・.・;) あの番組の予算の多さにもびっくりです。OB会と計画している海外遠征の他にも、海外のピークにぜひ足を置きたいなと思ってます。そのためにはコツコツとバイトしてお金を貯めなければ…orz 山は楽しい反面、お金がかかるのがネックですな…。

いよいよ10月も始まり、後期の授業がはじまりました。

後期から入部の1回生が2人と、新人がやってきました。巷の山ブームの影響か…。人数が急に増えて、部内もてんやわんやな感は否めませんが…w 総勢14名でこれからも頑張っていきます。本日(2012/10/03(水))の部会にも3回生の入部希望の方が来られてました。今年は人材に恵まれてます^^
後期もがんがん攻めていきます。

夏休み最終山行として、9月末に槍・穂高に行って来ました。後日ブログにアップします。

私とあと数人の先輩部員で、今月末に六甲山系で行われるトレイルラン大会に出場してきます。あと数週間と迫っていて、初のラン大会に心躍ってますが、準備が結構後手後手にまわっていて心配でもあります。後日、報告できればと思います。

今回は近況報告でした(*´∀`)

まつむら(B1)

保塁岩自主練

9月3日、本を読んでいたら居ても立ってもいられなくなったという山内君の誘いを受け、保塁岩へ。
前日に雨が降っていたので、下降路を下るのは滑って危険ではないかと思い、2回懸垂下降をして、中央陵下部南面に到着。

まず肩慣らしに、凹角ルート(Ⅳ+20m)へ挑戦。最後の核心部で手こずりはしたものの、完登。
私もセカンドで登り、核心部で良い足場を見つけることができ、完登。

懸垂下降し、久々の難易度にテンションが上がりつつ視線を左に持っていくと・・・ボルトが打ってある!!なにこのルート面白そう!!

さらにテンションが上がり、大ハング右(Ⅴ+4m)と、枯れ木のカンテ(Ⅴ-8m)に挑戦することに決定!!

始めの核心部ではクイックドローをかけようにも、たぐり落ちが怖くしばらく試行錯誤してましたが、二人でこのホールドは~、あのホールドは~と、良いホールドを探し、核心部をクリア!!

その後は、始めの核心部で消耗した腕でもなんとか登りきることができ、完登!!
安堵と興奮で、セカンドの引き上げ準備に手間取った!ごめん!

そして、セカンドが登るころに、雨・・・?まあ小雨だしすぐ止むだろう。とか思いつつ、完登の高揚感にひたりつつ、セカンドを引き上げていると・・・。

豪雨でした。


雨に打たれ、うなだれる山内。


120cmスリングを絞る山本。

よし、帰ろう。

部会後

image

部会が終わりました。
本来なら帰ってもいい時間ですが、自主的にロープの結び方講習(講師:間瀬)とクライミングの練習中です。

今年の新人はクライミング大好き人間が多いみたいです。