2018.07.14~16 双六岳から雲ノ平を経て薬師へ

今年の海の日は、双六岳から雲ノ平に行ってきました。

行動時間…

1日目:8:00新穂高温泉~9:10わさび平小屋~10:10秩父沢~12:15鏡平山荘~14:20双六小屋~テント設営~15:10出発~16:10双六岳~16:50双六小屋

2日目:4:00双六小屋~5:00中道稜線分岐~6:35三俣山荘~7:20黒部川源流徒渉~8:00祖父岳分岐~9:15雲ノ平山荘~11:27薬師沢小屋~12:35第三徒渉点~13:50太郎平小屋~14:30薬師峠

3日目:6:30薬師峠~8:13三角点~9:10折立


バスに揺られて新穂高温泉まで行き、意気揚々と登り始めた途端、、、暑い!!!山の上までもが暑かったです。

DSCF4278

これはお助け風穴。岩の隙間から冷たい風が吹いてきます。気持ちいい!「コンビニに寄ったみたい」とみんなではしゃいでいました。

DSCF4282

林道を歩いているとわさび平小屋に着きます。すぐ横に小川が流れていて涼しいです。しっかり休憩しておきましょう。

DSCF4287

さらに林道を歩き続ると、ここで奥丸山方面と分岐して、山道らしくなります。橋のかかった秩父沢や水のしたたる箇所を通過して、かなりの急坂を登ります。日光が当たり暑いこともあって、かなり体力を消耗します。が、頑張って登りました。

DSCF4300

登りついた先には鏡池が待っています。西鎌尾根方面の山々が池に反射して写ります。大勢の登山者が写真を撮っていました。この池のすぐ先に鏡平山荘があります。ここも賑わっていました。

DSCF4304

鏡平山荘から今日最後の大きな登りです。写真中央辺りにさっきまでいた鏡平山荘があります。

DSCF4309

弓折乗越から双六小屋までに雪が残っている場所がありました。写真は緊張感があるような雰囲気ですが、実際はもっと晴れていて視界もよく、斜度が全くないので、難なく歩くことができます。

DSCF4314

そんなこんなで双六小屋に着きました。これは池とテント場の写真。

DSCF4315

こっちは双六小屋の写真です。右手奥に水場があります。我々が着いたころにはすでにテント場がいっぱいになりかけていて、少し焦りました汗″

DSCF4322

時間も余裕があり、翌日の行動予定時間を考えた結果、その日のうちに双六岳山頂へ行くことに。この時期は残雪がまだ多いため、中道から春道に入って山頂を目指します。

DSCF4327

山頂です。タイミング悪く、周りの山はほとんど雲に覆われてしまいました(泣)。それでも、雲の合間から見えた槍ヶ岳は格別な感じがしました。

DSCF4354

2日目は中道を通って三俣蓮華岳をまずは目指します。写真のように東側斜面に雪が残っていますが、稜線上は雪の心配はいりません。巻き道ルートだと雪のトラバース箇所があるそうで、不安なので巻き道ルートを使いませんでした。

DSCF4361

三俣蓮華岳山頂で記念写真。

DSCF4370

三俣山荘まで下りました。三俣蓮華岳からすぐの所はザレ場になっていて、落石の危険もありそうです。山荘からテント場まで地味に離れているのが少し不便かも…

三俣山荘の方に黒部川源流の様子、祖父岳斜面の積雪の様子などを聞いて、問題なく歩けるだろうとのことだったので、計画通り雲ノ平へ行くことに。無理そうだったら黒部五郎岳へ行こうと考えていました(←今度行ってみたい)。

DSCF4373

黒部川源流部まで数か所徒渉して、どんどん下っていきます。源流部の徒渉中の写真は撮り忘れました。それほど水流が激しくて怖かったです。

祖父岳への登り返しはとてもつらかったです。陽がよく当たる上に風が弱く、汗をだらだら流しながら登りました。

しかし、祖父岳の分岐点辺りまで登ると、整備された木道が現れて比較的容易に歩くことができるようになります。

DSCF4394

木道はとても長かったです。木道の大体半分ぐらいの所に雲ノ平山荘があります。見た目も内装も立派な作りです。ここでザックを下ろして、のんびり散策したいところでしたが、天気が良すぎて暑いことと、後の行程があることを考えて、小休止後すぐに出発しました。

DSCF4414

雲ノ平からの下りは、始めは木道を緩やかに下りますが、途中から写真のように険しい道に代わります。ハシゴが掛けてあったりと、行き来しやすく整備されていますが、かなり長い道のりなので膝にきます。

DSCF4417

雲ノ平から下りきったところにあるのが薬師沢小屋です。黒部川に薬師沢が流れ込んでいる場所に小屋が建っています。個人的には一番感動した場所です。

DSCF4436

薬師沢小屋からは薬師沢沿いに登ります。水平距離の3分の2ぐらいは写真のような木道がついている緩やかな登りで、残りは急登になっています。

DSCF4441

急登を登り終えると太郎平小屋が見えてきます。コースタイムで3時間のところを2時間で登り切りました。ここのコースタイムはゆとりがありそうです。

DSCF4451

太郎平小屋の管轄するテント場は薬師峠にあります。シーズン中は薬師峠で受付やビールを売ったりしているそうです。水場・トイレもあり、なかなか快適なテント場でした。

DSCF4458

3日目は帰りのバスの時間があるので、寄り道せずに下山することに。写真は太郎平小屋から折立に向かう尾根です。左奥の方まで道がついているのが分かります。

DSCF4465

折立に無事到着しました。


今回の山行は3日間通して晴れました。その分気温も上がり暑かったけど、素晴らしい景色を見ることができました。

新入生にとっては初めての北アルプスで、本格的な縦走でしたがしっかり歩けていました。疲れたと思います。ゆっくり休んでください。

また、今回の山行では計画段階から不備が目立っていました。山行中にも先輩から指導される場面があり、リーダーの難しさをあらためて認識しました。

なんにせよ、怪我無く帰ってこれたことは良かったです。次は8月中旬の夏合宿に向けてしっかり準備していきます。

清野

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中