八方尾根 雪上訓練

2年の清野です。

12月9,10日に八方尾根に行ってきました。今期初の雪山です。目的は、①雪山での技術訓練、②唐松岳のピストン、の二つです。

 

DSCF4069

出発地点は八方尾根スキー場のふもとです。ここからまずゴンドラリフト「アダム」とアルペンクワッドリフトに乗って、約1000mの標高を稼ぎます。

リフトの到着地点である黒菱平から上部は、まだ整地されていないエリアになっていました。スキー場にはたくさんのスキーヤー・ボーダーがいて賑わっていました。この日は珍しく晴れていて、とても気持ちよさそうでした。

 

Image_47799b0

しかし、登り始めて八方池山荘を過ぎたあたりから風が吹き始めました。空は晴れているのに風で雪が舞い、視界が悪かったです。体が飛ばされるほどの強風が吹いていました。

足元はワカンでも登れるぐらい、雪は締まっていませんでした。

 

Image_2f38d90

初日は風が強く行動不能と判断して、予定は八方池まで行くつもりでしたが、八方山ケルンを過ぎたトイレの所でテントを張りました。雪面をくり抜いて風除けにしました。

この日のうちに雪崩を想定した救助訓練やロープワークの練習をしたかったのですが、時間もなかったのでやめにしました。

 

DSCF4072

翌日は晴れて、無事に唐松岳山頂に着きました。膝ぐらいまでの積雪がありましたが、先行パーティのトレースが残っていたので比較的楽に登れました。

唐松岳をピストンして帰ってきてから、スキー場の上部で訓練しました。

山行全体を通してOBの先輩に指導していただきました。各自至らない点が見つかった、良い山行になりました。ありがとうございました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中