小川山フリークライミング

9月17、18日に某山岳イベントで知り合った方に小川山に連れて行っていただきました

登ったルート

17日
妹岩・カサブランカ 5.10a(山内エイド、山本エイド)
マラ岩・川上小唄 5.8(山内)
瑞牆・カサメリ沢・レーザーズエッジ 5.10c/d(山本TR)
瑞牆・カサメリ沢・たぬき 5.10a(山内OS)

18日
兄岩・タジヤンⅣ 5.10a前半のみ(山内)
父岩・タジヤンⅡ 5.10a(山内ワンテン)
父岩・小川山物語 5.9(山本OS、山内FL)

小川山…すごく環境が整ってる!テント場はひろくてたき火もできるし、トイレが清潔なのはもちろんシャワーを浴びる場所もあり、ゴミもお金を少々払えば引き取ってもらえる。さらに車で食材の買い出しに行ける!小川山すごい!!

さて、かんじんのクライミングの話

大日広場(駐車場)から見渡すとまわりは岩岩岩岩岩…わお!とても数日じゃ遊びきれない

17日

クラックがやりたかったので三ツ星ルート「カサブランカ」へ

二人ともひそかにOSを狙っていたのですが、ジャミングのみで前進するのは初めてで、核心?のフレアしたクラックに文字どうり手も足も出ませんでした

ジャミングした足に体重を乗せると痛み、両手両足をクラックにつっこむと次のムーブにうつれず、レイバックも使えない(涙)

うん、ジャミングの練習しよう!

そのあと車で瑞牆のモツランドへ

ハイレベルなクライマーさんのトライをビレイできてすごく刺激をうけた

山本はレーザーズエッジ10c/dをTR、この上がイレブンか…と感慨深げ

山内はたぬき10aをOS、お買い得10aでした

テント場に帰りカレーを作りたき火をして就寝

18日

兄岩・ピクニクラ(三ツ星)をやろうということで岩場にむかうも、父岩に行ってしまったりでアプローチに時間がかかり、あげくはピクニクラが見つからない

上が父岩、左が兄岩、右下が弟岩

しかたなくタジヤンⅣを登る

このすぐ左にピクニクラがあるはずなのだが…

そのあとはタジヤンⅡ

画像中央上の木の付近でワンテン、下部の核心を抜ければ楽しいムーブが待っている

そして小川山物語

登り切ってガッツポーズをする山本、50mロープでぎりぎり足りた

この二日を通して、自分たちの実力が少しずつついてきたことを実感しました。不安定な足場でのムーブをもっと積極的にやっていきたい、そのために体幹の筋力も欲しい

こんかい小川山に連れて行ってくださった方にはすごく感謝です、この縁を大切にしたい

また行こう!小川山!

文責:山内

ゴザフェス

9月15、16日

東海学生山岳連盟が主催するゴザフェスに山内と山本で参加させていただきました

はるばる新潟からきている大学もありびっくり!総勢50人程の大きなイベントでした

初日は一の壁でのクライミング体験会

実際に登っているところを見せながら説明をするとのことで

山本は2ルート山内は3ルートを登ることに…人に見られながらのクライミングは緊張しました

そのあと「暇なら勝手に登ってていいよ」と言われたので山内はダイレクトルート(Ⅴ)をのぼりました

二日目は前尾根マルチピッチ(7P)の予定でしたが朝の雨で岩が濡れていたためP7、P6、P2・ヤグラ(←いちばんおもしろそうなとこ)は登らず。残念。

待ち時間も結構あったし、今度は山本とペアで何時間で登り切れるか試してみたい

強いクライマーさんや同じ一年生のクライマーとも交流できていい経験になりました

拙文失礼しました

文責:山内

 

笠置ボルダリング

8月31日に京都・笠置にボルダリングに行って来ました。

 

参加者:松村・山内・山本・吉澤(B1)

 

部合宿で余った青春18切符を消費するため、京都府相楽郡笠置町の木津川河川敷のボルダリングに行って来ました。

私は近所なんで、朝はゆっくり。すると一本のメールが…

「遅れます」

今回も某吉澤くんがやらかしてくれました。安定の寝坊。神戸下宿組はJR六甲道駅集合で始発電車で来る予定が、結局一時間ばかし遅れるはめに。(集合時間に全員ぴったり集まらないのがうちの特色!?) 結局0825くらいに笠置駅集合になり、そっから岩検索開始。

登れそうな岩を見つけるやいなや登り出した山内

ネットで調べてきた情報を印刷した紙を片手にえっちらほっちら…

クライミング大好き山内は片っ端から「あれ登ろ!登ろ!」とテンションマックスのご様子…

登り出した山内をただ見つめる山本

登り切って満面の笑みの山内。「撮って撮って~」アピールが半端無かった…w

山本(左)・山内(右)

この子が噂のY澤くん

なにせ神戸からは遠いので、なかなか行く機会が無いですが(僕はぜんぜんロードバイク飛ばせば行ける距離ですがね…)、ぜひ今度も行こうという雰囲気ですね。

熟知した人がいないとなかなか分からんこともいっぱいいっぱい。

帰りのJRの車内にボルダリングマットを忘れるという珍事も起きた今回の18切符消費旅・笠置ボルダリングでした(*´∀`)

まつむら(B1)

夏合宿報告その3

剣岳夏合宿報告その2のつづき
龍王岳東尾根と別山岩場です。

Ⅵ峰フェースやチンネほど賑わってはいませんが、ルート取り、支点構築に関しては大変勉強になる岩場でした。

ルートの情報は多分に主観が入っているのでご注意を。

8/27 龍王岳東尾根

室堂バスターミナルで、今回の研修を受け持ってくださった山岳ガイドの方と待ち合わせ、一の越へ。松尾(夏休みは「ヤマ充」な2回生)、北村(3回生だけど新人)、間瀬、山内、山本で。


一の越からは、龍王岳東尾根がきれいなスカイラインを描いており、その名のごとく龍が登っていくようである。のこぎりのように尖った岩肌と緑豊かなハイマツ帯とが調和し、深海の静けさをたたえた青い世界の下に、危うくも美しい岩稜を山頂に向けて背を伸ばしていた。-「登ってみたい」-クライミングを少しでも嗜んだことのある者ならば、誰しも同じことを思うだろう、それほどこの尾根には魅力があった。だが、この登り龍の背に辿り着くには、ルートファインディングが必須である。全く初見の我々にとっては、龍の尻尾さえも遠く感じた。

一の越の雄山側の建物の脇に踏み跡があり、5分ほどで、尾根の末端に続く大きな岩がごろごろしている、緩い下りのガレ場に出る。ガレ場の右手奥には雪渓が左手のほうに伸びている。ガレ場の左手に、お花畑の中に入っていく、人1人分ほどの踏み跡があり、そこを進んでいく。徐々に進路を右に取ると、雪渓の下部末端の池に出て、そこからごく小さな沢をわたり、東尾根の末端に出る。ここで、クライミングの装備を付け、登るルートを確認する。見た目7、8ピッチほど、4時間かかるかな、と思っていたら、ガイドの方から、2時間で登れないと源次郎尾根は厳しいぞ、とのお言葉を頂いた。-「クライミングは戦争である」-この言葉が脳に強く焼きついた。そうなのだ。ここは危険地帯だ。完璧な準備を安全地帯で行い、あとはひたすらスピード勝負である。登っている最中に「うーん」と悩んでいる暇など刹那もないのだ。自然と、手に力が入る。緊張で頭がふわふわしている自分を意識する。今の自分たちの技量では、2時間は正直厳しい。でも、やるしかないのだ。

山本、北村、間瀬が3人パーティ、山本がトップ。2人パーティは山内、松尾だったが、2P目から松尾と間瀬を交代する。2P山内、残り4P間瀬がトップを担当。登山靴。
1P目 ちょい傾斜のきついクラックを登り、スラブへ。最初はハーケンがあった。Ⅲ+
2P目 スラブ。傾斜は緩い。Ⅲ
3P目 ハイマツ帯多し。ハイマツでビレイ支点。Ⅲ-
4P目 ハイマツ帯多し。Ⅲ
5P目 スラブ。Ⅲ
ここでロープをしまい、200mほどガレ場を進む。踏み跡あり。左は切れ落ちて崖になっているので、右側を姿勢を低くして慎重に進む。松尾が遅れ気味だったが、無事に最後のピッチへ。
6P目 傾斜が一番きつい。ハーケンあり。フェースを登りきってハイマツでビレイ支点。Ⅲ+


1~5P目はそれぞれ45mほど、6P目は30mほど。といっても、終了点など全く整備されておらず、浮石だらけのルートなので、どのルートをとるか、どこで切るかで変わる。Cフェースと比べたら、ハイマツ木登りが多い分、かなり簡単に感じる。基本的に左のリッジの向こう側は切れ落ちているし、岩がぐらぐら動くので、右の緩い斜面を狙って登ることになるだろう。中間支点は各ピッチ2~3こずつ。ただ、残置支点が皆無と言っていいくらいないので、ハイマツやカムでの支点作成ができないと厳しい。小ピークが3つほどある。結局、山頂まで3時間かかってしまった。悔しい。

山頂から雷鳥平へは1時間で下ってしまう。一の越から室堂に下りる途中すぐに、右手にペンキで岩に書いてあるのだが、雷鳥平に降りる道があるのでそこを利用した。

8/28 別山岩場 メンバーは龍王岳と同じ

テント撤収は別行動の2人に任せ、雷鳥沢を50分で登る。別山北峰からの眺めは、剱の山頂、源次郎、八ツ峰がⅥ峰フェースまできれいに見えて、穴場かもしれない。剱沢から見るのとは月とすっぽんである。ただ、写真撮影で岩場のほうのザレ場にいた人がみてて危なっかしかった。良い写真を撮りたいのはわかるが、危険地帯にまでわざわざ踏み込んでまで撮るのはいかがなものか。看板もあったし。

ここで、ハイマツ・岩角での支点の取り方を学ぶ。大変勉強になった。さて、北に延びる尾根の末端まで下ることになるのだが、浮石が多くてかなり怖い。下りながら、ここの岩場は面白そうだなどと話しながら、ルートを確認する。相当浮石が多い。左には急峻な谷が何箇所かあり、ルートファインドを要する、なかなか緊張感のある下りであった。

尾根末端の取り付きは、横に広い岩場で、6本くらいルートがありそう。ここで、カム・ナッツ・ヘキセントリックの使い方を学ぶ。ナッツが完璧に決まるとすごく気持ちい。ナッツキーの正しい使い方は、完全に勉強不足だった。ここで修正で来てよかったよかった。左端と右端で別れて登攀開始。

1P目 凹角。終了点をカムでとるが、岩が浮いているような気がして怖かった。Ⅲ+
2P目 スラブ。出だしが怖い。途中のクラックの入った傾斜の強い岩は、もろいということで右から巻く。Ⅲ+
3P目 ほぼ平地。右のスラブへ向かう。ハイマツでビレイ支点。グレードなし、ロープを運んだだけ。
4P目 スラブ。上部は浮石しかないので、ハイマツで支点をとるしかない。。ここで、奥のハイマツでつくった支点だとロープが引き上げられず、支点を作りなおしたせいで、10分ほどロスする。申し訳ない。
ここから、ロープなしで50mほど移動する。
5P目 最終ピッチ。ハイマツ帯。Ⅲ-

ほとんど30mほどのピッチ。4P目は15mくらい。とにかく、浮石が多い。Ⅵ峰フェースとは比べ物にならないほどである。持ったらボゴッが当たり前のように起きる。落石すると、剱沢キャンプ場に落ちていくので、絶対に落石は許されない。ほんとに、ビレイ支点の作り方が重要な岩場である。クライミングの面白さは、グレードだけではない。ラインとり、支点作成が面白いルートだってあるのだ。ここは、まさにそんな岩場である。創造力と分析力とをフルに活用して、すべて支点を自分で構築していくクライミングは、スポートクライミングとは全く違う面白さがあると思う。普段、ジムで登っている人にも、剱岳をバックに高度感満点のクライミングを行える別山岩場に来てほしい、と思える、すばらしい岩場であった。龍王岳東尾根も別山岩場も、今度自分たちだけで来て、時間短縮してリベンジしたい。ちなみに、目標1時間30分で2時間かかってしまった。コールをホイッスルだけにするのは、大声出す必要がなくてかなり楽である。なぜ今までいちいち叫んでいたのだろうか。不思議である。結局、ビレイ支点の作成に一番手間取った。

北峰にもどってから、ザックを使った搬送方法を学ぶ。ただ重いザックを背負っているだけの感覚である。
帰りもパパッと雷鳥平に戻り、先に下山して荷物を大量に持ち帰ってくれた2人に感謝しつつ、室堂に荷物を置いて、みくりが池温泉へ。きれいさっぱりして、富山駅の路面電車に感動し、ブラックラーメンを食べ、神戸に帰った。北村さん、車の運転お疲れさまでした。ほんとに助かりました、ありがとうございます。

今回は、ほんとに天気に恵まれて、快適なクライミングができました。来年は、源次郎と八ツ峰じゃい!

保塁岩自主練

9月3日、本を読んでいたら居ても立ってもいられなくなったという山内君の誘いを受け、保塁岩へ。
前日に雨が降っていたので、下降路を下るのは滑って危険ではないかと思い、2回懸垂下降をして、中央陵下部南面に到着。

まず肩慣らしに、凹角ルート(Ⅳ+20m)へ挑戦。最後の核心部で手こずりはしたものの、完登。
私もセカンドで登り、核心部で良い足場を見つけることができ、完登。

懸垂下降し、久々の難易度にテンションが上がりつつ視線を左に持っていくと・・・ボルトが打ってある!!なにこのルート面白そう!!

さらにテンションが上がり、大ハング右(Ⅴ+4m)と、枯れ木のカンテ(Ⅴ-8m)に挑戦することに決定!!

始めの核心部ではクイックドローをかけようにも、たぐり落ちが怖くしばらく試行錯誤してましたが、二人でこのホールドは~、あのホールドは~と、良いホールドを探し、核心部をクリア!!

その後は、始めの核心部で消耗した腕でもなんとか登りきることができ、完登!!
安堵と興奮で、セカンドの引き上げ準備に手間取った!ごめん!

そして、セカンドが登るころに、雨・・・?まあ小雨だしすぐ止むだろう。とか思いつつ、完登の高揚感にひたりつつ、セカンドを引き上げていると・・・。

豪雨でした。


雨に打たれ、うなだれる山内。


120cmスリングを絞る山本。

よし、帰ろう。

夏合宿報告その2

 

剣岳夏合宿報告その1のつづき
Cフェース剱稜会ルートです。
ルートの情報は多分に主観が入っているのでご注意を。

8/25
長次郎谷出合。朝方は寒い。

Cフェース剱稜会ルートを山内(クライミング大好き1回生)、山本、間瀬の3人パーティーで狙う。
長次郎のはるか上に2人組がいて、「あれは絶対Cフェースだろう」と考え、結構なペースでいく。1回生2人はふらふらだった。2人とも、ペース速くしてごめん。おかげで、順番待ちなく取り付きに。Aフェースに行く時と同じ熊野岩側のガレ場を詰め、雪渓をトラバース。取り付きの手前では雪渓がアーチ状になっていたが、別に芸術的ではなかった。デポはせず、全部ザックに詰めたのでピッケルが刺さりそうで怖かった。見た感じ、余裕で登山靴で登れそうだったが、1回生2人が「どうせならクライミングシューズで登りたい」とのことだったのでシューズで登ることに。
手前左の緑色のピークが源次郎尾根Ⅰ峰、右がⅡ峰。

Ⅱ峰の懸垂下降地点が見えた。

RCCルートかな?

剱稜会ルートの取り付きは、最初の一手が急なクラックで、カムでビレイ支点を作った。ハーケンはなし。右手奥にはRCCルートっぽい凹角があった。剱稜会ルートは手前のクラック。

剱稜会ルート取り付きのクラック。

1P目 最初の一手が難しく、ここだけⅣ級。傾斜の緩いクラックに上がってしまえば、あとはひょいひょい直上していけばよい。Ⅲ級。
2P目 フェースを直上 Ⅲ級。終了点は唯一、ぺツルのボルトが2本打ってあった。左のテラス。
3P目 フェースを直上 出だしが支点がないスラブで、ちょいむずかしい。ここだけⅣ級。ほかはⅢ級。終了点で足の指皮がむけて、ここからは痛みとの格闘かと思われたが、集中しているからか気にならなかった。
4P目 核心のナイフリッジ。といってもフレークが上に飛び出ている感じで、全く怖くなかった。傾斜も緩いし。ナイフリッジを越えてから、右上に7mほど上がったところにあるビレイ支点(ハーケン2本)を見逃して、ロープの残り3mと言われてちょっとあせった。ロープの流れ注意。Ⅲ+
5P目 ロープ不要なほど容易。終了点はリングボルトとハーケンでとったが、岩角でもとれた。Ⅱ級。

4P目のはず。

4P目のナイフリッジを登っている。
立ってるところの写真を撮ってもらったが、いまいちだった。

Cフェースの裏。傾斜が強くて登れる気がしない。
この日はDフェースを登っている人がいた。

どや顔の1回生2人。

2時間30分で頭に出た。1回生が2人ともクライミング上手でよかった。中間支点は、ロープの流れのために1Pあたり2~3こずつとったくらい。登山靴でも十分登れるルート。中央大ルート敗退しておいて大口たたくなよって感じですが、実際、簡単だった。支点は意外とカムでとれた。カムってこんなに信頼できるプロテクションなんだなあ、と大いに実感した登攀であった。ハーケン、手で動くぜ!1回生2人は早くも高度感が麻痺しているのか、「全然怖くないっすよ」「興奮してきた」とか言っていた。かくいう私も、登攀中は気分が高揚しており、いまならバンジージャンプ1000mでもやったるぜ、って感じであった。とにかく、リードで登ると楽しいルートである。左のリッジを外れて右のフェースに行くことなく、あくまでリッジ脇のフェースを登るのが正しいラインであるので注意。右のフェースをバリエーションとして登るのは楽しそうではあるが。

とまあ、たまらんぜひゃっはー、と楽しいクライミングであったが、Ⅴ・Ⅵのコルへの下降は難儀であった。
三の窓側に行き過ぎて登り返す羽目になった、という情報が多かったので、なるべく長次郎側の踏み跡をたどる。Cフェースの頭からみて左のほうにBフェースとCフェースの間のルンゼに降りるためのハイマツ支点があったが、雪渓のブロックが道をふさいでおり、後続パーティーも2組いたのでやめる。ここから懸垂できたら楽なんだが。

緊張感のある下り。

ガスってきた

ということで、明瞭な踏み跡をたどって、ところどころⅡ級くらいのクライムダウンも交えて、Bフェースの頭に出た。浮石多し。ここから先はどうみても懸垂しかできなさそうだったので、必死こいてハイマツ支点を探したところ、頭から右のハイマツの奥に残置スリングのあるハイマツ支点を発見!微妙に踏み跡あり。ハイマツの間を20mほど懸垂すると、古いハーケン3つの懸垂支点があった。内、左の1本はつまんで動くほどやわ。ここは、ちょうどAフェースの頭の向かいであり、間が5mほど離れていた。もちろん飛び移れない。Ⅴ・Ⅵのコルはすでに眼下にあり、Aフェースとの間にあるもろいルンゼを45mほど懸垂する。下降地点から10mほどのクライムダウンでⅤ・Ⅵのコルの左(三の窓側)に降りられそうだったが、コル付近の雪渓のブロックのせいでコルにいけるか怪しかったし、長次郎側に3mトラバースした地点に懸垂支点があったので、そちらで懸垂することにする。トラバースは結構危険だったため、カムとスリングでセルフビレイをとりつつトラバース。ただし、岩はもろかった。この最後の懸垂支点も、ハーケンが打ってあった。15mくらいの懸垂で、無事Ⅴ・Ⅵのコルに降り立つ。一安心。下降だけで1:20くらいかかった。

無事Ⅴ・Ⅵのコルへ。

さあ、真砂に戻ろうとなるのだが、後続の2パーティがともに私たちとは違うところから懸垂しようとしており、内、三の窓側のパーティは雪渓のブロックの向こう側に降りようとしており、はたしてⅤ・Ⅵのコルに来られるのだろうか、と思った。3つも懸垂ポイントがあるのか?私たちの降りたポイントは最も長次郎側で、捨て縄も4~5本あったので、まあ正しいだろうと思っていたのだが、よくわからない。雪渓の残っている量や場所によっても変わるのだろうか。Cフェースを登ろうと思っている人は、初見のメンバーだけだと、私たちのように(今回のメンバーは全員初見)下降で手間取るかもしれないので、早めの出発を心がけたほうがよさげ。午後はガスってくるし。やはり、初見メンバーだけだと下降は怖い。「登りより、下りが大事」といわれるのも納得である。事前情報の収集が不足していたので、反省である。Aフェースの下降がわかりやすかったため、気が緩んでいたかもしれない。

帰りは、前日Aフェースにいけなかった1回生のために、Aフェース基部から帰った。ちなみに、Ⅴ・Ⅵのコルからのガリーは、雪渓の右側に浮石だらけの道があったので、雪渓は通らずに済んだ。

8/26
真砂沢から雷鳥平への移動日。食糧が減った分ザックは軽い。
遅く出発したので雪が柔らかくなっており、ドタで雪渓を登れた。今回のメンバーの1人が、長次郎谷の下りで「4本爪アイゼンは役に立たない」ともらしていたが、確かに中途半端にアイゼン付けるくらいなら、ドタで雪渓歩くのもアリな気がする(早朝のガチガチ雪渓はきつそうだが)。

読図をしながら別山乗越へ。剱がきれいである。私だけちゃっちゃと別山をピストンする。山頂の滞在時間わずか5分。雷鳥平で軍隊みたいな高校生の集団がおり、びびった。ここで何泊かするみたいである。夜は、満天の星空が出迎えてくれた。北斗七星ですよ。

龍王岳東尾根と別山岩場はその3で。