謹賀新年

明けましておめでとうございます(←ちょっと遅いぞ!!!)サカモトです。
今年もよろしくお願いします。
いきなりですが、ちょっと時事で、かなり残念なお話を。
私は現在、実家のある島根県松江市にお正月帰省をしています。
そう、全国ニュースでご存知の通り、記録的豪雪による災害がいたるところで起こっている、山陰のど真ん中です。
元旦ごろ、町には乗りすてられた乗用車がいたるところにあり、また、どこが車道かわからないような悲惨な状況でした。道路沿いの樹木はすべて折れていました。
鳥取県の大山山麓にある国道9号線では約1000台が立ち往生し、2晩を車内で過ごす羽目になった方々がおられるそうですね。自衛隊の救援映像をニュースで見ました。
町のコンビニ、スーパーからは買いだめと、高速道路、主要幹線道路の通行止めにより品物が消えました。昨日やっとトラックが着いたようです。
現在はというと、一時的に降雪なく、また気温の上昇により積もった雪が溶け始めている状況です。交通網も、除雪車の活躍により、大きな道路はある程度回復しています。
幸い、私の実家のある町ではライフラインが途切れるというトラブルはありませんでしたが、地元の友人たちからは停電、断水の対象になってしまい、新年早々から親戚の家へ疎開した、という話を聞いています。ただ、山陰の雪というのは、非常に重たく、厄介な雪のため、違う町に行くのもこれまた困難だと思いますが。
私の実家ではおおよそ7~80cmくらいの積雪があったでしょうか。元旦から5回/日の雪かきで、なんとか家が傾くのを免れました。
また大山では、奥大山スキー場で雪崩が発生し、従業員の方4人が亡くなられるという、新年早々悲しいニュースが入ってきました。
奥大山スキー場は、何度か行ったことがあります。そう長いコースではありませんが、飽きのこないコースだったことを覚えています。
事故のあった場所付近には、傾斜35°以上にもなる『壁コース』というのがあり、そこの周囲が崩れ、確認に行ったところで二次的な雪崩が発生したようです。
以前島根県西部にある『瑞穂ハイランド』でも雪崩がありましたが、そこも30°以上の上級者向けコースでした。
今回の事故で奥大山スキー場は営業中止となり、再開は未定だそうです。
このように、年初めから山陰は異常事態です。
正直、なんでわざわざ帰ってきたのか、と若干後悔しています。大山登山も雪崩の恐れがあるので中止しました。
じっとしているのが苦手な自分が、4日間も自宅にて待機するというのは、無理があります。
ということで、明日、スキーに行きます。もちろん、雪崩の恐れが〝少ない”であろう大山国際スキー場にです。事故には気をつけて、楽しみたいと思います。
p.s.
八ヶ岳の記録、写真等は、まとまり次第掲載したいと思います。悪天候の日、晴天の日を両方経験でき、非常にいい山行となりました。
サカモト

広告

NHK

あけましておめでとうございます。
NHKでやってるグレートサミッツシリーズ(再放送??)にはまってる石丸です。
このシリーズいいですね。
ワイワイガヤガヤやってる正月特番も面白いですけど、こんなドキュメンタリーも興味深いです。
頂上を目指すための準備とかもよく表現してるのもなかなかいいと思います。
今日も放送しているようで、南米ギアナ高地が舞台みたいです。
興味のある方は是非見てみてください。