祝・未踏峰 KG-2 登頂!

11月5日から7日にかけて、
神戸大学・中国地質大学合同学術登山隊が、
東チベット カンリガルポ山群の未踏峰 KG-2
世界初登頂を成し遂げました!
KG-2峰
中国地質大学側メンバーからは、チベット人のデチン隊員、ダンター隊員が、
神戸大学側メンバーからは、我が山岳部の近藤隊員、そしてOBの矢崎隊員が、
山頂に立ちました!
このカンリガルポ山群は、30座以上に及ぶ全ての山峰が前人未踏の地です。
今回の登山活動は、2002~3年のルオニイ(KG-1)峰敗退から始まり、
2007年の偵察隊を経て、実に8年越しのものとなりました。
私こと岩澤も、2007年の偵察隊に参加して、その山容を目にしていますので、
感慨深いものがあります。
なお、登山隊は11日に無事下山し、ふもとの村まで帰還しました。
帰ってきたら、祝杯を挙げねば![emoji:e-401]
イワサワ

広告

御在所岳中尾根

11月7日~8日に、1泊2日で鈴鹿山地の御在所岳に行ってきました。
目的は中尾根の縦走登攀です。
関西圏で、アルパインクライミングの入門といえばここ、といわれるほどらしいのですが、
我々は御在所には行ったことが無かったので、経験値稼ぎのため、
チャレンジしてみることにしました。
P3から中尾根を見下ろす
この写真は、P3(上から数えて3番目のピークという意味)から、
我々の登った中尾根を見下ろして撮った写真です。
P2を登るナカザワ
こちらは、P2を登るナカザワの写真です。
結果として、ボリュームのある、充実した登攀を楽しめました。
登るほどに次々と課題(岩)が現れ、飽きさせません。
我々の(低い)レベルに合わせて、ある程度ルートを選ぶこともできたので、
快適に登ることができました。
おまけ
・・・
ふもとの湯ノ山温泉で汗を流して帰りました。
イワサワ

遠征隊途中経過

現在、東チベットのカンリガルポ山群にて、
KG-2峰の世界初登頂を目指して登山活動中の
遠征隊から途中経過報告が来ました。
ベースキャンプの様子
↑BC(ベースキャンプ)の様子です。
デチン隊員(左)とダンター隊員(右)
中国地質大学から参加のデチン隊員とダンター隊員
二人はチベット族で、エベレスト登頂経験もある猛者です。
山形教授
神戸大学農学部の山形教授。
デポジットサイト(キャンプ間の、荷物を一時的に置いておく場所)にて。
.ヒョーナ乗越からルオニージャンダルムを望む
中央右よりのピークが、カンリガルポ山群最高峰のルオニイ。
もちろん未踏峰。
現在、隊は第2キャンプから第3キャンプにかけての登路を工作中で、
並行して第1キャンプから第2キャンプへの荷揚げを行っているそうです。
クレバス帯を行く登山隊
イワサワ