氷ノ山報告

最近更新が滞ってて申し訳ありませんでした。
「山登ってないからネタがないんじゃないの…?」と思われているかもしれませんが、神大山岳部はきちんと山で駆けずり回っております。
2月末から3月の初めまで比良山地の縦走をし、3月の初旬には山岳会の例会山行に便乗して氷ノ山スキー登山に行き、3月19~22日には八ヶ岳に行ってまいりました。
比良山地は報告書が未完成のためBlogの方も後日更新とします。今回は氷ノ山のスキー登山の方をつらつらと書いていこうと思います。
全体の行動概要は、山岳会の報告をご覧ください。ここでは僕が山行後に書いた感想のようなものを書いていきます。
(山岳会の報告 URL→ http://www.acku.net/2009-3-Hyounosen-122th_reikai/122th_2009-3_Bunmawashi.html
3/7~3/9に、山岳部OBの方々、M1のK先輩の総勢11名で氷ノ山へスキーに行ってきました。自分は今まで山ではおろかゲレンデでもスキーをしたことがなかったので、これを機に練習してみよう!ということで参加させてもらいました。
今回の山行は全日程通じて天気がよく、最終日にぶん廻し(氷ノ山山頂から高丸までのラウンド)をしたのですが、その時は特に暑さを感じるほどの陽気でした。
P3070025_R.jpg
また、氷ノ山山頂からははるか遠くの大山も見ることができました。
P3080048_R.jpg
肝心のスキーの方は、先輩方は華麗にスイスイと滑っていましたが、僕はというと、ボーゲンも満足にできず、5m滑っては転ぶの繰り返しでした。でも、ぶん廻しの最後のスキー場で先輩方に教わりながら、何とかコツだけはつかめたような(?)気がします。
短いですが、このような感じのスキー山行でした。先輩方、スキーのご指導ありがとうございました。次のスキー参考までにはボーゲンをマスターするつもりです。がんばります。
P3080055_R.jpg
更新:イシマル

広告