〈新歓情報〉

【新歓情報】
今度の土曜日に部室前でバーベキューをします。山岳部の話を聞きたいという方、興味がある方など、たくさんの方の参加をお待ちしております。

日時:4/28(土)11:30〜14:00
場所:神戸大学山岳部部室前
持ち物:特になし

新歓最後のイベントになります。ぜひぜひ参加してください。

広告

新歓情報

〈新歓イベント情報〉
今週末の新歓イベントとしてハイキングを予定しておりましたが、天気がよろしくなさそうなのでハイキングではなく、部室案内と昼ご飯の新歓(11:00~14:00)に代えさせていただきますm(__)m
集合場所:阪急六甲
集合時間:11:00
持ち物:特になし
で予定しております。
すごい気楽な気持ちで参加いただけるイベントとなっていますので是非参加お願いします!
参加いただける方は、参加日程(土曜か日曜か)と共に連絡していただけると助かります!LINE: https://line.me/R/ti/p/%40mmn7772f特に入部したいわけではないという人でも歓迎してます!
では、連絡お待ちしております。S__19881998

新歓情報

新入生の皆さん、神戸大学への入学おめでとうございます。

神戸大学山岳部では新入部員を募集しています。

4月7.8日にクライミング体験、14.15日に六甲山ハイキング、28.29日にバーベキューの各イベントを企画しています。ぜひ参加してください。

詳しくは、4月1.2日の新歓祭の際に聞きに来てください。山岳部のブースは34番です。

大勢の方の参加をお待ちしております。

IMG_1254

 

2018 3 八ヶ岳

3月17,18で八ヶ岳に登ってきました。

行動記録

1日目(3/17 土)  0830桜平駐車場-0920夏沢鉱泉-1010オーレン小屋-1040ヒュッテ夏沢-1130硫黄岳山頂

2日目(3/18 日) 0530赤岳山荘駐車場-0730行者小屋-0840地蔵ノ頭-0920赤岳山頂-1015行者小屋-1135赤岳山荘駐車場

 

1日目

S__19890178

夏沢峠から見た硫黄岳です。今年はとても雪が少なく、さらに前日に降った雨が夜凍ったので雪道が固くなっていたので、とても歩きやすかったです。

S__19882002S__19882001

登ってみると3時間ほどで山頂に着くことができました。この日は快晴で、強いと言われている硫黄岳の風もかなり弱くとても歩きやすかったです。山頂に登ると、ここで初めて赤岳と阿弥陀だけが見え、感動するとともに、次の日に登る赤岳の道の険しさに驚かせられながら下山しました。

2日目

F23FFA6B-B339-4045-A8CD-A56660F842AA

行者小屋の手前で撮った写真です。ここから見るとこの崖のどこに道があるのかと不安になります。ここから行者小屋に行き、地蔵尾根を通って赤岳山頂を目指します。

S__19881998S__19882000

地蔵ノ頭につくと富士山が雲海の中に見え、目指す山頂もすぐそこに見えます。

S__19881999

稜線上は風が強く注意しながら山頂まで登ります。山頂には日曜日とういこともあり、たくさんの人がいました。

S__19881997

2月に行った南アルプスもよく見えました。

雪が少ないこともあったのですが、硫黄岳、赤岳ともに歩きやすく、特に赤岳は人が多くてさすが人気のある山だと思いました。金曜日、月曜日は天気が悪かったので、天気に恵まれた山行でした。

2018_02 仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳

大学生の春休みは長い、、、ということで

南アルプスの仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳へ冬合宿に行ってきました。


行動記録

1日目(2/15)晴:6:30戸台河原駐車場-7:20第一堰堤-8:20歌宿沢出合-9:15丹渓山荘-12:00北沢峠

2日目(2/16)晴:5:20北沢峠-6:15二合目-7:45五合目-9:10小仙丈ヶ岳-10:45仙丈ヶ岳-            13:30北沢峠

3日目(2/17)曇:5:00北沢峠-6:30仙水小屋-7:10仙水峠-9:45駒津峰-13:25北沢峠

4日目(2/18)晴:4:45北沢峠-5:55丹渓山荘-8:20戸台河原駐車場


~写真~

DSCF4115

戸台河原駐車場です。夏は左の小屋に人がいるようです。これから戸台川沿いを歩きます。水量はそれほど多くなくて、いたって安全に歩けました。

DSCF4120

至る所に赤テープがあり、道を示してくれます。この日は地面が凍っていて危なかったです。

DSCF4122

丹渓山荘です。山荘は現在使われておらず、ドアも開きませんでした。これから先は傾斜が急になるため、ここでアイゼンを装着しました。

DSCF4126

大平山荘です。積雪量...

DSCF4132

こもれび山荘の前にテントを張らせていただきました。木の下なので夜にはドンドン雪が落ちてきました。

二日目は仙丈ヶ岳に登りました。五合目の薮沢大滝の頭あたりまではトレースがついていて、スイスイ登れました。樹林帯を抜けると風が強くなり、トレースは全くありませんでした。

DSCF4143

写真は小仙丈ヶ岳から撮った甲斐駒ヶ岳です。この日は天気も良く、キレイに見えます。

DSCF4153

仙丈沢カールが美しかったです。これから上り下りが続いて、精神的にしんどいです。

DSCF4158

富士山・北岳・間ノ岳の日本3トップ

DSCF4160

無事、登頂しました。晴れていましたが、風が強くて長居できませんでした。


三日目は甲斐駒ヶ岳に向かいました。長衛小屋から先の道がまったくわかりませんでした。夏道は右岸側にあるらしいのですが、行きも帰りも見つけられませんでした。結局、左岸側を無理やり詰めました。(左岸にもテープがあったため、間違いではなさそうです)

DSCF4170

ラッセルに時間がかかり、コースタイムの1.5倍ぐらいの時間で仙水小屋に着きました。仙水小屋はおそらく無人でしたが、ドアは開いていました。

DSCF4172

仙水峠です。摩利支天は見えていますが甲斐駒ヶ岳は雲の中です。仙水小屋から樹林帯をでた途端に風が強くなりました。

駒津峰への登りは樹林帯を出るたびに強風が吹きつけます。樹林帯は膝上までのラッセルで全然進みません。

DSCF4174

駒津峰です。風が強すぎてボケてしまっています。

DSCF4182

六方石を見下ろしています。甲斐駒ヶ岳も見えず、風も強かったため、この日は断念して引き返しました。

四日目は天気予報がいまいちだったので早々に下山しました。また今度、甲斐駒ヶ岳に挑戦したいです。

 


インスタグラムを始めました。

https://www.instagram.com/kobe.alpine_climbing_club

これからも主に山の写真を投稿するので、ぜひ見ていってください。

 

2018-01 伯耆大山 新年合宿

今回は鳥取県の大山にて、1月13-14日で今年一回目の合宿を行いました。

【山行記録】

一日目 大山寺(1500)-大神山神社(1600)-元谷避難小屋(1705)

二日目 元谷避難小屋(0600)-行者谷分岐(0725)-六合目避難小屋(0750)-頂上避難小屋(0905)                       -(0935)行者谷分岐(1023)-元谷避難小屋(1110)-(1230)大神山神社(1250)

一日目

S__15482918

上は一日目、大山に向かう電車の中で撮った写真です。ちょうどこの時期、日本にこの冬一番の最強寒波がきており、三日間の予定だった計画を二日間に変更しての鳥取入りでした。

雪道に苦戦するバスにのってようやく大山寺に着き、20分遅れての行動開始となり、雪が降って視界の悪い中、森の中に隠れる避難小屋をなんとか見つけて一日目を終えました。

二日目

S__15482914

天気予報によると夜明けとともに少しずつ天気が晴れていくようだったので、比較的ゆっくりと食事をとり、避難小屋を6時に出発しました。トレースは付いていたのですが、前日の雪でほとんど埋まっており、林道の急斜面をラッセルしながら登っていきます。

S__15482907天気予報通り空には青空が広がっていたのですが、日本海上は不穏な雲で覆われていました。

S__15482904

S__15482905

遠く三鈷峰までよく見渡せます。

S__15482903六合目避難小屋を過ぎたあたりです。このあたりから再びラッセルがつらくなります。

このあと急激に東側の尾根から雲に覆われていき、山頂に着いた頃には、

S__15482898となってしまいました。大山の稜線が見たくて30分ほど小屋で待ったのですが、晴れそうもなく、何も見えない弥山山頂に登った後、下山を開始しました。

S__15482893みんなもっと早くに登れば青空の中歩くことができたのに、などと思いながら下りていき、元谷避難小屋で、雪山でのアンカーの作り方を教えてもらった後、大山寺のバス停まで無事、下山することができました。

S__15482919僕らの下りた後、大山は晴れました。

機会があればまた登って今度こそ、大山の稜線を見てきたいと思います。

 

八方尾根 雪上訓練

2年の清野です。

12月9,10日に八方尾根に行ってきました。今期初の雪山です。目的は、①雪山での技術訓練、②唐松岳のピストン、の二つです。

 

DSCF4069

出発地点は八方尾根スキー場のふもとです。ここからまずゴンドラリフト「アダム」とアルペンクワッドリフトに乗って、約1000mの標高を稼ぎます。

リフトの到着地点である黒菱平から上部は、まだ整地されていないエリアになっていました。スキー場にはたくさんのスキーヤー・ボーダーがいて賑わっていました。この日は珍しく晴れていて、とても気持ちよさそうでした。

 

Image_47799b0

しかし、登り始めて八方池山荘を過ぎたあたりから風が吹き始めました。空は晴れているのに風で雪が舞い、視界が悪かったです。体が飛ばされるほどの強風が吹いていました。

足元はワカンでも登れるぐらい、雪は締まっていませんでした。

 

Image_2f38d90

初日は風が強く行動不能と判断して、予定は八方池まで行くつもりでしたが、八方山ケルンを過ぎたトイレの所でテントを張りました。雪面をくり抜いて風除けにしました。

この日のうちに雪崩を想定した救助訓練やロープワークの練習をしたかったのですが、時間もなかったのでやめにしました。

 

DSCF4072

翌日は晴れて、無事に唐松岳山頂に着きました。膝ぐらいまでの積雪がありましたが、先行パーティのトレースが残っていたので比較的楽に登れました。

唐松岳をピストンして帰ってきてから、スキー場の上部で訓練しました。

山行全体を通してOBの先輩に指導していただきました。各自至らない点が見つかった、良い山行になりました。ありがとうございました。