2018.07.14~16 双六岳から雲ノ平を経て薬師へ

今年の海の日は、双六岳から雲ノ平に行ってきました。

行動時間…

1日目:8:00新穂高温泉~9:10わさび平小屋~10:10秩父沢~12:15鏡平山荘~14:20双六小屋~テント設営~15:10出発~16:10双六岳~16:50双六小屋

2日目:4:00双六小屋~5:00中道稜線分岐~6:35三俣山荘~7:20黒部川源流徒渉~8:00祖父岳分岐~9:15雲ノ平山荘~11:27薬師沢小屋~12:35第三徒渉点~13:50太郎平小屋~14:30薬師峠

3日目:6:30薬師峠~8:13三角点~9:10折立


バスに揺られて新穂高温泉まで行き、意気揚々と登り始めた途端、、、暑い!!!山の上までもが暑かったです。

DSCF4278

これはお助け風穴。岩の隙間から冷たい風が吹いてきます。気持ちいい!「コンビニに寄ったみたい」とみんなではしゃいでいました。

DSCF4282

林道を歩いているとわさび平小屋に着きます。すぐ横に小川が流れていて涼しいです。しっかり休憩しておきましょう。

DSCF4287

さらに林道を歩き続ると、ここで奥丸山方面と分岐して、山道らしくなります。橋のかかった秩父沢や水のしたたる箇所を通過して、かなりの急坂を登ります。日光が当たり暑いこともあって、かなり体力を消耗します。が、頑張って登りました。

DSCF4300

登りついた先には鏡池が待っています。西鎌尾根方面の山々が池に反射して写ります。大勢の登山者が写真を撮っていました。この池のすぐ先に鏡平山荘があります。ここも賑わっていました。

DSCF4304

鏡平山荘から今日最後の大きな登りです。写真中央辺りにさっきまでいた鏡平山荘があります。

DSCF4309

弓折乗越から双六小屋までに雪が残っている場所がありました。写真は緊張感があるような雰囲気ですが、実際はもっと晴れていて視界もよく、斜度が全くないので、難なく歩くことができます。

DSCF4314

そんなこんなで双六小屋に着きました。これは池とテント場の写真。

DSCF4315

こっちは双六小屋の写真です。右手奥に水場があります。我々が着いたころにはすでにテント場がいっぱいになりかけていて、少し焦りました汗″

DSCF4322

時間も余裕があり、翌日の行動予定時間を考えた結果、その日のうちに双六岳山頂へ行くことに。この時期は残雪がまだ多いため、中道から春道に入って山頂を目指します。

DSCF4327

山頂です。タイミング悪く、周りの山はほとんど雲に覆われてしまいました(泣)。それでも、雲の合間から見えた槍ヶ岳は格別な感じがしました。

DSCF4354

2日目は中道を通って三俣蓮華岳をまずは目指します。写真のように東側斜面に雪が残っていますが、稜線上は雪の心配はいりません。巻き道ルートだと雪のトラバース箇所があるそうで、不安なので巻き道ルートを使いませんでした。

DSCF4361

三俣蓮華岳山頂で記念写真。

DSCF4370

三俣山荘まで下りました。三俣蓮華岳からすぐの所はザレ場になっていて、落石の危険もありそうです。山荘からテント場まで地味に離れているのが少し不便かも…

三俣山荘の方に黒部川源流の様子、祖父岳斜面の積雪の様子などを聞いて、問題なく歩けるだろうとのことだったので、計画通り雲ノ平へ行くことに。無理そうだったら黒部五郎岳へ行こうと考えていました(←今度行ってみたい)。

DSCF4373

黒部川源流部まで数か所徒渉して、どんどん下っていきます。源流部の徒渉中の写真は撮り忘れました。それほど水流が激しくて怖かったです。

祖父岳への登り返しはとてもつらかったです。陽がよく当たる上に風が弱く、汗をだらだら流しながら登りました。

しかし、祖父岳の分岐点辺りまで登ると、整備された木道が現れて比較的容易に歩くことができるようになります。

DSCF4394

木道はとても長かったです。木道の大体半分ぐらいの所に雲ノ平山荘があります。見た目も内装も立派な作りです。ここでザックを下ろして、のんびり散策したいところでしたが、天気が良すぎて暑いことと、後の行程があることを考えて、小休止後すぐに出発しました。

DSCF4414

雲ノ平からの下りは、始めは木道を緩やかに下りますが、途中から写真のように険しい道に代わります。ハシゴが掛けてあったりと、行き来しやすく整備されていますが、かなり長い道のりなので膝にきます。

DSCF4417

雲ノ平から下りきったところにあるのが薬師沢小屋です。黒部川に薬師沢が流れ込んでいる場所に小屋が建っています。個人的には一番感動した場所です。

DSCF4436

薬師沢小屋からは薬師沢沿いに登ります。水平距離の3分の2ぐらいは写真のような木道がついている緩やかな登りで、残りは急登になっています。

DSCF4441

急登を登り終えると太郎平小屋が見えてきます。コースタイムで3時間のところを2時間で登り切りました。ここのコースタイムはゆとりがありそうです。

DSCF4451

太郎平小屋の管轄するテント場は薬師峠にあります。シーズン中は薬師峠で受付やビールを売ったりしているそうです。水場・トイレもあり、なかなか快適なテント場でした。

DSCF4458

3日目は帰りのバスの時間があるので、寄り道せずに下山することに。写真は太郎平小屋から折立に向かう尾根です。左奥の方まで道がついているのが分かります。

DSCF4465

折立に無事到着しました。


今回の山行は3日間通して晴れました。その分気温も上がり暑かったけど、素晴らしい景色を見ることができました。

新入生にとっては初めての北アルプスで、本格的な縦走でしたがしっかり歩けていました。疲れたと思います。ゆっくり休んでください。

また、今回の山行では計画段階から不備が目立っていました。山行中にも先輩から指導される場面があり、リーダーの難しさをあらためて認識しました。

なんにせよ、怪我無く帰ってこれたことは良かったです。次は8月中旬の夏合宿に向けてしっかり準備していきます。

清野

広告

槍ヶ岳 ~中崎尾根から~

5月3日から5日のゴールデンウィークで槍ヶ岳に行ってきました!!

この時期は槍沢や飛騨沢などから槍ヶ岳に向かうコースが一般的で主流ですが、私たちはあえて、中崎尾根から登ることにしました。それも、新穂高温泉のすぐそばの末端から。

 

【行動記録】

1日目 曇り:9:00新穂高温泉~12:00中崎山~15:00標高1800m付近でテント泊

2日目 雪のち晴れ:6:00出発~9:00奥丸山~10:30標高2380m付近でテント泊

3日目 雪のち晴れ:5:30出発~10:00槍ヶ岳山荘~飛騨沢~11:30テント回収~15:00槍平~18:30新穂高温泉

【感想】

JYRF8913

高山駅から始発のバスで新穂高温泉駅へ。真ん中の尾根に取り付いて登ります。それらしい取り付きが見つからなかったので無理やり登りました。地形図に描かれた登山道は、実際とは違っていました。尾根の直登ではなく、大きくトラバースしてから登る感じでした。

前日の雨で濡れている中、薮漕ぎが続く道は辛かったです。薮漕ぎをする登山自体、経験が少ないもので…ひどく疲れました。それでもいい経験になったと思います。

RZUE7481

標高1600mぐらいから上には雪が残っていました。水を作るぐらいはなかったので、水を担いでいってよかったです。

BTZO5227

2日目は朝から雪が降っていました。奥丸山までは単調な登りでした。翌日はここにテントを置いて、槍ヶ岳に向かいます。

千丈沢乗越までは夏道を離れて尾根上を登っていきます。ロープが渡してあって目印になります。とても細いので滑落の危険が高いです。千丈沢乗越から先は夏道と同じで歩きやすいです。途中で雪の斜面をトラバースして直登する場面もありました。槍ヶ岳山荘に出る直前は風にあおられて飛んでいきそうでした。

IMG_1319

槍ヶ岳山荘の中から撮った写真です。外は風が強く曇っていました。立っていられないほどだったので、山頂は諦めて下山しました。

IMG_1321

下山中は晴れて気持ち良かったです。長袖では暑いぐらいでした。こちら側から見る穂高連峰は新鮮な感じです。

 

ゴールデンウィークという時期ならではの景色を味わえた山行になりました。

〈新歓情報〉

【新歓情報】
今度の土曜日に部室前でバーベキューをします。山岳部の話を聞きたいという方、興味がある方など、たくさんの方の参加をお待ちしております。

日時:4/28(土)11:30〜14:00
場所:神戸大学山岳部部室前
持ち物:特になし

新歓最後のイベントになります。ぜひぜひ参加してください。

新歓情報

〈新歓イベント情報〉
今週末の新歓イベントとしてハイキングを予定しておりましたが、天気がよろしくなさそうなのでハイキングではなく、部室案内と昼ご飯の新歓(11:00~14:00)に代えさせていただきますm(__)m
集合場所:阪急六甲
集合時間:11:00
持ち物:特になし
で予定しております。
すごい気楽な気持ちで参加いただけるイベントとなっていますので是非参加お願いします!
参加いただける方は、参加日程(土曜か日曜か)と共に連絡していただけると助かります!LINE: https://line.me/R/ti/p/%40mmn7772f特に入部したいわけではないという人でも歓迎してます!
では、連絡お待ちしております。S__19881998

新歓情報

新入生の皆さん、神戸大学への入学おめでとうございます。

神戸大学山岳部では新入部員を募集しています。

4月7.8日にクライミング体験、14.15日に六甲山ハイキング、28.29日にバーベキューの各イベントを企画しています。ぜひ参加してください。

詳しくは、4月1.2日の新歓祭の際に聞きに来てください。山岳部のブースは34番です。

大勢の方の参加をお待ちしております。

IMG_1254

 

2018 3 八ヶ岳

3月17,18で八ヶ岳に登ってきました。

行動記録

1日目(3/17 土)  0830桜平駐車場-0920夏沢鉱泉-1010オーレン小屋-1040ヒュッテ夏沢-1130硫黄岳山頂

2日目(3/18 日) 0530赤岳山荘駐車場-0730行者小屋-0840地蔵ノ頭-0920赤岳山頂-1015行者小屋-1135赤岳山荘駐車場

 

1日目

S__19890178

夏沢峠から見た硫黄岳です。今年はとても雪が少なく、さらに前日に降った雨が夜凍ったので雪道が固くなっていたので、とても歩きやすかったです。

S__19882002S__19882001

登ってみると3時間ほどで山頂に着くことができました。この日は快晴で、強いと言われている硫黄岳の風もかなり弱くとても歩きやすかったです。山頂に登ると、ここで初めて赤岳と阿弥陀だけが見え、感動するとともに、次の日に登る赤岳の道の険しさに驚かせられながら下山しました。

2日目

F23FFA6B-B339-4045-A8CD-A56660F842AA

行者小屋の手前で撮った写真です。ここから見るとこの崖のどこに道があるのかと不安になります。ここから行者小屋に行き、地蔵尾根を通って赤岳山頂を目指します。

S__19881998S__19882000

地蔵ノ頭につくと富士山が雲海の中に見え、目指す山頂もすぐそこに見えます。

S__19881999

稜線上は風が強く注意しながら山頂まで登ります。山頂には日曜日とういこともあり、たくさんの人がいました。

S__19881997

2月に行った南アルプスもよく見えました。

雪が少ないこともあったのですが、硫黄岳、赤岳ともに歩きやすく、特に赤岳は人が多くてさすが人気のある山だと思いました。金曜日、月曜日は天気が悪かったので、天気に恵まれた山行でした。

2018_02 仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳

大学生の春休みは長い、、、ということで

南アルプスの仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳へ冬合宿に行ってきました。


行動記録

1日目(2/15)晴:6:30戸台河原駐車場-7:20第一堰堤-8:20歌宿沢出合-9:15丹渓山荘-12:00北沢峠

2日目(2/16)晴:5:20北沢峠-6:15二合目-7:45五合目-9:10小仙丈ヶ岳-10:45仙丈ヶ岳-            13:30北沢峠

3日目(2/17)曇:5:00北沢峠-6:30仙水小屋-7:10仙水峠-9:45駒津峰-13:25北沢峠

4日目(2/18)晴:4:45北沢峠-5:55丹渓山荘-8:20戸台河原駐車場


~写真~

DSCF4115

戸台河原駐車場です。夏は左の小屋に人がいるようです。これから戸台川沿いを歩きます。水量はそれほど多くなくて、いたって安全に歩けました。

DSCF4120

至る所に赤テープがあり、道を示してくれます。この日は地面が凍っていて危なかったです。

DSCF4122

丹渓山荘です。山荘は現在使われておらず、ドアも開きませんでした。これから先は傾斜が急になるため、ここでアイゼンを装着しました。

DSCF4126

大平山荘です。積雪量...

DSCF4132

こもれび山荘の前にテントを張らせていただきました。木の下なので夜にはドンドン雪が落ちてきました。

二日目は仙丈ヶ岳に登りました。五合目の薮沢大滝の頭あたりまではトレースがついていて、スイスイ登れました。樹林帯を抜けると風が強くなり、トレースは全くありませんでした。

DSCF4143

写真は小仙丈ヶ岳から撮った甲斐駒ヶ岳です。この日は天気も良く、キレイに見えます。

DSCF4153

仙丈沢カールが美しかったです。これから上り下りが続いて、精神的にしんどいです。

DSCF4158

富士山・北岳・間ノ岳の日本3トップ

DSCF4160

無事、登頂しました。晴れていましたが、風が強くて長居できませんでした。


三日目は甲斐駒ヶ岳に向かいました。長衛小屋から先の道がまったくわかりませんでした。夏道は右岸側にあるらしいのですが、行きも帰りも見つけられませんでした。結局、左岸側を無理やり詰めました。(左岸にもテープがあったため、間違いではなさそうです)

DSCF4170

ラッセルに時間がかかり、コースタイムの1.5倍ぐらいの時間で仙水小屋に着きました。仙水小屋はおそらく無人でしたが、ドアは開いていました。

DSCF4172

仙水峠です。摩利支天は見えていますが甲斐駒ヶ岳は雲の中です。仙水小屋から樹林帯をでた途端に風が強くなりました。

駒津峰への登りは樹林帯を出るたびに強風が吹きつけます。樹林帯は膝上までのラッセルで全然進みません。

DSCF4174

駒津峰です。風が強すぎてボケてしまっています。

DSCF4182

六方石を見下ろしています。甲斐駒ヶ岳も見えず、風も強かったため、この日は断念して引き返しました。

四日目は天気予報がいまいちだったので早々に下山しました。また今度、甲斐駒ヶ岳に挑戦したいです。

 


インスタグラムを始めました。

https://www.instagram.com/kobe.alpine_climbing_club

これからも主に山の写真を投稿するので、ぜひ見ていってください。